予防歯科

予防歯科ってどんなことをするの?

予防歯科とは、病気や異常が発生する前に定期検診やメンテナンスなどで病気を防いでいくことです。
虫歯や歯周病などになるのは、お口の中にいる細菌が原因になっています。毎日ていねいに歯磨きをして、歯についた汚れをキレイにしていれば、虫歯や歯周病は防ぐことができます。
しかし、「磨いている」と「磨けている」とは違います。1日3日磨いていらっしゃっても、なかなか隅々まで磨くのは大変かと思います。

ha_seihin

忙しいときはついつい手を抜いてしまうことは、よくあると思います。
そして知らぬまに悪くなってしまい、悪くなってから治療してもなかなかよくならないとか、他のところまで悪くなってしまう経験があるかと思います。そのよ うなことが起こらないように、事前にお口の中の細菌の状態や 虫歯の状況をお調べし、虫歯や歯周病、歯列不正の成り立ちに関して原因をきちんとお伝えいたします。

患者様の健康状態とお口の環境に合わせた正しい歯磨きの説明や、シーラント(歯の溝を塞ぐいで虫歯を防ぐ)、フッ素の塗布、トリートメント口腔内の除菌(3DS)、うがい薬、定期健診の期間などご提案いたします。

 

◇ 丁寧なブラッシング指導
患者様お一人お一人のお口に合わせたブラッシング方法を医師と歯科衛生士がお手伝いさせていただきます。
磨き方だけではなく、歯ブラシの選び方など、コーディネーターの資格を持った歯科衛生士がおりますので、きちんと患者様に合わせたご提案を致します。
* 健康のために品質の良い商品を揃えていますので、安心してお気軽にご相談ください。

 

虫歯予防を中心とした歯科治療を行います。〜【cure】治療から【care】予防へ〜

虫歯になる前や、歯科治療完了後に定期的にメンテナンスを行うことは、大切な歯を残す最良の方法になると思います。

 

◇ トリートメント
治療も大切ですが、今後患者様のお口が悪くならないようにしていただくため、しっかりとサポート致します。
年に3~4回のチェックやクリーニングだけでお口の健康を保つこともできます。

◇ PMTC
ご自分ではどうしても落とせないような歯石などの沈着物を、歯や歯肉を傷つけないでクリー ニングしミネラルでコーティングするPMTCという方法はお口の細菌の発生と活動を遅らせ、健康状態を数ヶ月維持できます。さらに患者様に合わせた正しい 歯の磨き方を知っていただくことが最大の予防になって行きます。

<内  容>
歯石、着色の除去、歯と歯肉の細菌の除去、
ミネラルコーティング(歯全体を強くし、虫歯を防ぎます。)

 

haburashi

歯科予防世界一のスウェーデンでは、国民の歯科の定期検診受診率が 大人で80%以上あり、子供にいたっては100%近くが定期検診を 受けています。つまりスウェーデンの国民のほとんどが、歯を大切にしていらっしゃいます。

しかしスウェーデンも30年以上前は大変虫歯の多い国でした。そこで毎日のブラッシングと歯科医院で専門のクリーニングをきちんと続けることで、 30年に約1本歯失うかどうかの高い予防を実証い たしました。最近では他の先進諸国で約70%ほどの受診率が一般的になってきました。しかし日本では、たったの10%にも満たないほどの定期検診受診率な のです。他の国と比べると、日本では大変予防の意識が低いといわれております。

ハッピーデンタルクリニックではスウェーデンのようにきちんとお口をお守りできるように、きちんとお調べし治療と予防をいたします。

 

トリートメント

歯の表面には、目に見えないほどの細やかなキズがついています。それを歯の表面のエナメル質と同じ成分を補給して修復し、つややかに輝く状態にすると、プラークがつきにくくなり、歯の健康を保ちやすくなります。

treatment

 

口腔のミュータンス菌(虫歯の原因菌)を除菌する、むし歯予防法「3DS」

3DS=ドラッグ デリバリー システムとは
くすりの働きを最大限に発揮するように工夫された投与方法(または投与剤)のことです。

ミュータンス菌の除菌になぜ3DSが必要なのか

むし歯の主な原因菌であるミュータンス菌は通常のレンサ球菌とは違って、歯だけに付着して増殖するという性質があるため、歯だけにくすりを使用することができれば、常在性のレンサ球菌を損なわずにミュータンス菌だけを選択的に減少させることが期待できます。
しかし、ミュータンス菌はバイオフィルムという細菌膜を歯の上に形成して飲み薬や塗り薬が直接効かない環境を作っており、また、口腔内に投与されたくすり はすぐに唾液により希釈・除去されてしまいます。そこでこの3DSでは、歯科衛生士による専門的な技術と器具を用いた歯面清掃処理(PMTC)を行って完 全にバイオフィルムを除去したあとに、歯列にフィットしたトレーを用いてくすりを一定時間歯面のみに塗布いたします。この方法は唾液で希釈されることな く、安全かつ確実に抗菌剤やフッ化物などのくすりを歯組織のみに輸送・塗布することが可能で、これからのむし歯除菌法として期待されています。

3DSの流れ:

  1. 口腔のミュータンス菌の検査を行い除菌が必要かどうかを確認します
  2. 除菌の必要な患者さまには十分な治療方針の説明を行い同意いただきます
  3. 印象を取り、トレーを作製します
  4. PMTCを行い、歯面よりバイオフィルムを除去します
  5. トレーに薬物を入れて、5分間維持し除菌します
  6. 1週間後に再度除菌操作を行います
  7. 家庭では1日2回(朝・就寝前のブラッシング後)トレーにフッ素含有のジェルを入れて、5分間維持し歯を強くします

 

 

foot-toiawase